Always

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

Tag:ハーブ本舗

こんにちは。


料理に使うハーブ
天然の着色料としても利用
ターメリック
学名:Curcuma longa


科名:ショウガ科/多年草
原産地:熱帯アジア
特徴:
スパイスとして利用されるのは根茎の部分で、ゆでたあとに乾燥させて粉末にします。この根茎には、肝機能を高め、脂肪を分解する胆汁の分泌を促すほか、血液の凝固をやわらげたりするなど多くの効能があり、漢方薬としても用いられています。

使用部位と使用方法:
根茎の粉末は、カレーなどのミックススパイスのほか、マスタード、ピクルス、パエリア、たくあんなどの着色にも使います。米といっしょに炊いてターメリックライスにも。インドネシアでは生の葉を魚料理の香味づけに用います。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


料理に使うハーブ
欧米ではサラダの定番


チコリ
学名:Cichorium intybus
科名:キク科/多年草
原産地:ヨーロッパ~シベリア、アフリカ南部
特徴:
「アンティーブ」とも呼ばれ、欧米ではサラダの定番としてよく用います。葉には強い苦みがあるので、料理には、日を当てずに栽培した「チコン」という白い芽を使います。また、強壮作用や利尿作用をもつ根は、「チコリコーヒー」にします。

使用部位と使用方法:
日をあてずに栽培した芽は、白菜の芯を小さくしたような形で、苦みとさくさくした歯ざわりがあります。生のままサラダや料理の飾りにしたり、アク抜きをしてグラタンや煮込み料理などに使ったりします。青紫色の美しい花は、サラダの飾りに、つぼみはピクルスに利用します。乾燥させた根は、お茶やコーヒーなどの飲み物として利用します。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
 
食物繊維を豊富に含む
ルバーブ
学名:Rheum rhabarbarum
分類:タデ科/多年草
原産地:シベリア南部

特徴:ルバーブは、生薬として知られる「ダイオウ」の仲間で、繊維質とカルシウムを多く含むアルカリ性の植物です。
整腸、利尿作用があるといわれ、肉でよく食べる欧米では
消化を促す食後の食べ物として、古くから栽培されてきました。食用には、「葉柄」と呼ばれる葉のついている枝の部分を使い、葉は毒が含まれているので利用しません。

使用部位と使用方法:
生の葉柄を砂糖と少量の水で煮てとろみをつけ、
甘いスープにします。
また葉柄を刻んでジャムにしたり、タルトやパイの具として使います。葉柄を刻んでジャムにしたり、タルトやパイの具として
使います。葉柄に水を加えて煮詰め、砂糖を加えると、ピンク色のジュースになります。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


 
かわいらしい花を飾りに
ボリジ

学名:Borago officinalis
分類:ムラサキ科/1年草
原産地:地中海沿岸
特徴:星の形をしたかわいらしい花を咲かせるハーブで、花と葉にはカリウムやカルシウム、ミネラルを含み、
古くから熱を下げ、血液を浄化する薬草として利用されてきました。
料理の飾りに用いられるほか、凍らせてアイスキューブにするという楽しみ方もあります。

使用部位と使用方法:生の花は、サラダやスープ、飲み物の飾りなどにし、砂糖漬けにしたものはケーキやプディングなどのお菓子の飾りに用います。
若葉は、刻んでサラダの香りづけにしたり、チーズやヨーグルトに混ぜ込みます。大きく成長した
葉は、ゆでて刻み、詰め物料理やフリッターに。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

料理に使うハーブ
観賞用やサラダに向く


ナスタチウム
学名:Tropaeolum majus
科名:ノウゼンハレン科/1年草
原産地:南米
特徴:鮮やかな花色とハスに似た葉をもち、日本では「キンレンカ」と呼ばれて親しまれています。葉はビタミンCや鉄分を含み、ピリッとした辛みをもつことからフランスではクレソンの代わりに用いています。また、美しい花も同様の辛みをもち、エディルフラワー(食用花)として利用されます。

使用部位と使用方法:
生の葉は若葉をサラダに入れたり、肉料理の添え物にするほか、ちぎってサンドイッチにはさんでマスタードの代わりとして用います。花は葉よりマイルドな味わいで、サラダの飾りのほか、オードブルにしたり、チーズやバターに練り込んだりします。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ