Always

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

Category: Ownd

こんにちは。



アカタチ科アカタチ
別名アカタチウオ。本州中部以南の暖海に広く分布し、岸寄りの比較的浅い砂底や砂泥底に生息する魚。体は平たくて長い帯状。
全体が真っ赤で、背ビレと尾ビレとつながっていて区切りがない。夜行性が強いといわれるが、昼間にキスの投げ釣りや船釣りのハリに掛かることもある。
肉食性で、底生動物を食べている。
大きいもので全長40CMぐらい。
引用文献です。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。



彼岸 - Wikipedia
彼岸


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。




via Always
Your own website,
Ameba Ownd



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。



リトープス属
中央に割れ目のある不思議な姿が特徴。休眠期に入る前に外側にある古い葉がしおれて脱皮し、中から新しい葉が出てきます。自生地の多くは砂利の多い砂漠や岩場のため、周囲の砂利に似た色や形、模様になって擬態しています。冬型で、夏は休眠します。
ハナミズナ科の植物全体のことをメセン類と呼びます。
かつての分類で、この植物群の多くがメセンブリアンテマセ科に分類されていたことに由来し、名前が長いので省略されました。
サボテン(仙人掌 がシャープで男性的なのに対し、この植物群がすべすべとした質感をしていることから、「女仙」(メセン の当て字がついたともいわれます。130以上の属があります。
 
 
 
 
 
 
大観玉(だいかんぎょく
科名:リトープス属ハマミズナ科
原産地:南アフリカ、ナミビア、ボツワナ
生育型:冬型
英名:Lithopps salicola `Daikangyoku`
大きさの目安:草丈1~5cm、幅2~7cm
耐寒性:中
小~中型の種だが、最大で50頭以上の群生に育つ。グレーがかった緑色の個体が多いが、茶色の強いものもある。
葉の頂面には網目模様が明瞭に入るが、あるいはにじんだように入る。白花で秋咲き。株分けかタネでふやす。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ