こんにちは。


ウツボグサ(シソ科)

薬効:利尿 口内炎 扁桃炎
日当たりのよい道端や野原に小さな紫の花を咲かせる多年草。八月ごろに花が枯れたように褐色になるので、生薬名として夏枯草(かごそう)の名があります。
採取時期と薬用部分:八月初め花穂が褐色になりかけたころ、花穂をとり、日に干して乾燥させます。
薬効と用い方:利尿作用があるので、腎臓病、膀胱炎などに、一日10gを煎じて飲みます。口内炎や扁桃炎に効果のあるタンニンも含まれているので、一回に、3~5gを300cc
の水で煎じ、その煎汁で随時うがいをします。
また、暑気払いにもよく、夏枯草を刻んで、水を加え、さっと沸騰させたものをお茶代わりに引用します。
 




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
7DB59F49-45EB-4BB7-9F46-3531902E88EF
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット