こんにちは。


料理に使うハーブ
欧米ではサラダの定番


チコリ
学名:Cichorium intybus
科名:キク科/多年草
原産地:ヨーロッパ~シベリア、アフリカ南部
特徴:
「アンティーブ」とも呼ばれ、欧米ではサラダの定番としてよく用います。葉には強い苦みがあるので、料理には、日を当てずに栽培した「チコン」という白い芽を使います。また、強壮作用や利尿作用をもつ根は、「チコリコーヒー」にします。

使用部位と使用方法:
日をあてずに栽培した芽は、白菜の芯を小さくしたような形で、苦みとさくさくした歯ざわりがあります。生のままサラダや料理の飾りにしたり、アク抜きをしてグラタンや煮込み料理などに使ったりします。青紫色の美しい花は、サラダの飾りに、つぼみはピクルスに利用します。乾燥させた根は、お茶やコーヒーなどの飲み物として利用します。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット