こんにちは。




ツバキ 椿

花言葉     赤は謙虚な美徳   白は至上の愛らしさ  

分類:ツバキ科/ツバキ属

別名:/
英名:camellia
花色:赤、白、桃
原産地:日本、中国、東南アジア
開花時期:12月から3月
冬でも色を失わない、つややかな緑の葉に、真紅や白の花を咲かせる様子は万葉の時代から日本人に愛されてきました。
18世紀にヨーロッパに渡った椿は、19世紀にブームとなり、オペラ「椿姫」にも主人公の女性を象徴する花としても登場します。
 花名の由来は、
つやのある葉から「艶葉木(つやはき)」から転じた、葉が厚いことから「厚木(あつぎ)」から転じた、葉が丈夫なことから「強葉木(つばき)」から転じたという諸
説あります。
椿油:花が落ちた種子から椿油がとれます。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット