こんにちは。

タラノキ(ウコギ科)~身近な自然薬~
薬効:糖尿病>
山菜料理に欠かせないタラノメは、タラノキの若芽。天ぷらやあえものは格別の味で、春の山菜の王者といえます。
 北海道から沖縄まで各地に見られる落葉低木。
 幹に鋭いとげがあり、葉は二回羽状複葉で、1mぐらいの、大きな傘のような葉です。
8月ごろ、白い小花が密集して咲き、秋には小さな黒い実がなります。
別名、ツノオトシともいい、鹿が角を落とす時期にこの葉を出し、また、鹿がこの芽を食べて角を落とすともいいます。
採取時期と薬用部分:秋に、幹皮、根皮を採取し、刻んで日干しに。
薬効と用い方:
糖尿病には、幹皮、連銭草・びわ葉各5g、いずれもよく乾燥したものを、水400ccで約半量になるまで煎じて、1日量として
3回に分けて服用します。副作用の心配のない民間療法。

大阪市訪問介護~Always~

HP:always1223.com





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加