こんにちは。

料理に使うハーブ
観賞用やサラダに向く


ナスタチウム
学名:Tropaeolum majus
科名:ノウゼンハレン科/1年草
原産地:南米
特徴:鮮やかな花色とハスに似た葉をもち、日本では「キンレンカ」と呼ばれて親しまれています。葉はビタミンCや鉄分を含み、ピリッとした辛みをもつことからフランスではクレソンの代わりに用いています。また、美しい花も同様の辛みをもち、エディルフラワー(食用花)として利用されます。

使用部位と使用方法:
生の葉は若葉をサラダに入れたり、肉料理の添え物にするほか、ちぎってサンドイッチにはさんでマスタードの代わりとして用います。花は葉よりマイルドな味わいで、サラダの飾りのほか、オードブルにしたり、チーズやバターに練り込んだりします。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加