こんにちは。


料理に使うハーブ
ピクルスとの相性がよい
ディル


学名:Anethum graveolens
科名:セリ科/1年草
原産地:ヨーロッパ南部~アジア西部
特徴:
羽のようにやわらかな葉が特徴で、茎と葉と種子をスパイスとして利用します。魚の臭み消しやピクルスの風味づけに欠かせないハーブで、消化を促進させ、口臭を弱めるはたらきをもつほか、鎮静作用、催眠作用にすぐれています。

使用部位と使用方法:
葉は乾燥させると香りが弱まるので、生で用いるほか、ビネガー、オイルに漬けて保存します。生の葉は、魚、卵料理やポテトサラダに。「ディルシード」と呼ばれる種子は、ピクルス作りに利用します。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加