Always

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

2016年02月

こんにちは。



ノースポール
真っ白な雪のように咲く花
英名:Mini marguerite

花言葉:誠実 清潔 愛情 輪廻転生
分類:キク科キク属

原産地:北アフリカ

別名:クリサンセサム・パルドーサム

開花時期:12~翌6月

花色:白

香り:キクの香り

冬から春にかけて花壇を彩るかわいらしい花です。
マーガレットより少し小ぶりの真っ白で清潔な花が春の終わりまで次々と咲き続け、寒い
冬の間も心を和ませてくれます。
花言葉も、そんな花の姿からつけられらものでしょう。「ノースポール」とは
北極のことで、白い花からの連想と言われています。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


77eb3f32.jpg


英名:Eucalypt

ユーカリ(有加利)  かおり高い銀葉

花言葉:「新生」「再生」「思い出」「慰め」

分類:フトモモ科ユーカリ属
原産地:オーストラリア
別名:ユーカリノキ(有加利樹)
開花時期:6~8月
花色:白
香り:木全体に芳香あり

 木全体がよい香りを持ち、特に葉から採れる精油は、古くから抗菌・抗ウイルス作用があるとされてきました。

 つぼみのうちは「がく」と「弁」がくっついて蓋状となっており、その蓋が落ちるとほとんど雄しべと雌しべだけのはなを咲かせる変わった植物です。

 花言葉の「新生」「再生」は、木の成長がとても早いことから
「慰め」は薬やアロマセラピーに利用されることからつけられました。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。



英名:Wintersweet
ロウバイ(鑞梅)   ロウ細工のような洗練された美しさ

花言葉:奥ゆかしさ、愛情、慈愛

分類:ロウバイ科ロウバイ属
原産地:中国
別名:カラウメ(唐梅
開花時期:1~2月
花色:黄色
香り:甘い香り

 中国ではロウバイ、ツバキ、ウメ、スイセンを「雪中四花」と呼び、冬の花として愛でてきました。日本には、江戸時代に渡来。

 厳寒期に控えめな色でうつむき加減に咲き、梅に似たよい香りを放つことから、日本人にも深く愛され、早春の茶花や生け花にも欠かせない存在となっています。

 花名は、花弁が鑞のような光沢をもち、形がウメに似ていることからついたという説と、陰暦12月の異名「臘月」にウメに似た花を咲かせることからついたという説があります。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


193e47f5.jpg

フクジュソウ 福寿草  幸せを呼び込む黄金色の花

別名:元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)

英名:Amur adonis

分類:キンポウゲ科フクジュソウ属

原産地:日本、シベリア、中国、朝鮮半島

開花時期:1~3月

花色:黄、オレンジ

香り:無香

花言葉:幸せを招く、永久の幸福

花名は、旧暦の元旦のおめでたいところに、雪の中から顔を出す花ということから、幸福を意味する「福」と長寿を願う「寿」を組み合わせてつけられたもので、
花言葉もそれにちなんでいます。日が陰るとしぼみ、日が出ると杯状に黄金色の花びらを広げる姿も、幸せや希望を呼び込むイメージに結びついています。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。




ツバキ 椿

花言葉     赤は謙虚な美徳   白は至上の愛らしさ  

分類:ツバキ科/ツバキ属

別名:/
英名:camellia
花色:赤、白、桃
原産地:日本、中国、東南アジア
開花時期:12月から3月
冬でも色を失わない、つややかな緑の葉に、真紅や白の花を咲かせる様子は万葉の時代から日本人に愛されてきました。
18世紀にヨーロッパに渡った椿は、19世紀にブームとなり、オペラ「椿姫」にも主人公の女性を象徴する花としても登場します。
 花名の由来は、
つやのある葉から「艶葉木(つやはき)」から転じた、葉が厚いことから「厚木(あつぎ)」から転じた、葉が丈夫なことから「強葉木(つばき)」から転じたという諸
説あります。
椿油:花が落ちた種子から椿油がとれます。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ