Always

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

2015年12月

こんにちは。


 

  医学的なことはお控えしますが

○物忘れが多くなる。
○視力が衰える めまいも多くなる
○耳が遠くなる 会話に不自由をきたす
○低栄養に陥る  食欲がない
○脱水を起こしやすい  水分補給を欲しない
○心臓と血管の老化   
○内分泌系の機能低下 血糖値が上がりやすくなる
○腰痛が起こる  腰が痛む 曲がる 伸びない。
○便秘になりやすい
○歩行がおぼつかなくなる。
○睡眠がうまくとれない
○歯周病の進行 歯が抜ける、歯肉が痩せて入れ歯が合わなくなる
○嚥下力が低下する
○呼吸器の機能低下
○消化力の低下 胃がもたれる
○身体がかゆくなる 掻かずにはいられなくなる
○泌尿器系の機能低下 
○骨折しやすい
○冷え性になる 手足や腰、下半身が冷えやすい
 
追記:ホームページは1月5日~6日めどに復帰します。
 




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


{C30F38EB-C31E-4E4F-BC3A-34D6D69D62C3:01}



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


{C8BF3551-CBB9-4CED-8791-CCAE92A94A40:01}

こんな本買いました 。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


在宅介護については現在Alwaysでは受け付けておりません。
少し介護保健を使った改修について触れています。



2000年法改正より償還払いとなっており、上限は20万円までです。何回かに分けることも出来ます。引越しや要介護が、3以上上がると再度20万円を使った改修出来ます。
例示
●段差をなくすこと     玄関   トイレ   廊下   浴室  脱衣所    居室
●床材変更    畳をコルク材へ ⇨木の板は滑りやすく危険らしいです。
●扉     引き戸、折り戸、アコーディオンカーテンなど
全て信頼出来る専門家にご相談されることが重要になります。





(バリアフリーリフォームについて)
ちなみに融資などもあるそうです。

●玄関    玄関マットは滑りやすいので敷かない
  ドアは開けやすく、バリアフリーに  
     可動式ベンチが便利のようです
●廊下階段     階段は事故が多いです。
手すりは連続し、床は滑り止めに気を付ける。
足元にはセンサー型ランプが良いようです。
●浴室     脱衣所には腰掛け台、暖房を設置し、浴室のドアは引き戸にする。手すりをつけ滑らないバリアフリーの床にし、入浴用の椅子やバスボードを設置する。
●トイレ    冬のトイレは事故が多いです。気を付けて下さい。冬のトイレには暖房をつけ、引き戸にするのが良い(内側に開くドアは避ける)

      以上例示しましたが全て信頼できる専門家に相談するのが良いです。




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。





    地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で充実感のある安定した生活を送るために、介護予防、福祉などの面から包括的、継続的に支援する組織であり、人口2~3万人に一ヶ所を目安に設置されます。

高齢者やその家族からの相談には、介護、保健、福祉の専門職の方が対応します。
   2,000年からスタートした介護保健制度は従来の保健、福祉による高齢者への介護に関わるサービスを一体化し、利用者の利益を総合的に図るという理念を掲げています。介護保健の財源として介護給付費における負担割合は、介護保険料と/国、都道府県.市町村からの公費が半分ずつになっています。(私が介護事務管理士を取得した平成24年)。今も変わらず税金と保険料で折半のようです。介護保険の法律は3年ごとにみなおされますが保険料は右肩上がりで上がってます。
ところで知ってました?地域区分単価があるって。1~6級地、そしてその他があります。これは物価水準に基づいています。1級地は東京。大阪市は2級地です。
1単位の単価の差は1級地から6級地その他を含めその差は約1円です。
因みに介護保健は1単位10円です。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ