Always

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

Always HPブログです。 内容は 花言葉を中心に綴っています。 多肉植物についても載せています。 内容については参考程度にしていただければ 幸いです。 よろしくお願いします。

こんにちは。


料理に使うハーブ
欧米ではサラダの定番


チコリ
学名:Cichorium intybus
科名:キク科/多年草
原産地:ヨーロッパ~シベリア、アフリカ南部
特徴:
「アンティーブ」とも呼ばれ、欧米ではサラダの定番としてよく用います。葉には強い苦みがあるので、料理には、日を当てずに栽培した「チコン」という白い芽を使います。また、強壮作用や利尿作用をもつ根は、「チコリコーヒー」にします。

使用部位と使用方法:
日をあてずに栽培した芽は、白菜の芯を小さくしたような形で、苦みとさくさくした歯ざわりがあります。生のままサラダや料理の飾りにしたり、アク抜きをしてグラタンや煮込み料理などに使ったりします。青紫色の美しい花は、サラダの飾りに、つぼみはピクルスに利用します。乾燥させた根は、お茶やコーヒーなどの飲み物として利用します。





最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


ウツボグサ(シソ科)

薬効:利尿 口内炎 扁桃炎
日当たりのよい道端や野原に小さな紫の花を咲かせる多年草。八月ごろに花が枯れたように褐色になるので、生薬名として夏枯草(かごそう)の名があります。
採取時期と薬用部分:八月初め花穂が褐色になりかけたころ、花穂をとり、日に干して乾燥させます。
薬効と用い方:利尿作用があるので、腎臓病、膀胱炎などに、一日10gを煎じて飲みます。口内炎や扁桃炎に効果のあるタンニンも含まれているので、一回に、3~5gを300cc
の水で煎じ、その煎汁で随時うがいをします。
また、暑気払いにもよく、夏枯草を刻んで、水を加え、さっと沸騰させたものをお茶代わりに引用します。
 




最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。
また機会があれば
ご一読ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

スギナ・ツクシ (トクサ科) ~身近な自然薬~


薬効:利尿 解熱 セキ


早春に、日当たりのよい草原や堤防、道端にツクシが出たあと、しばらくしてスギナが出てきます。


同じ根茎から出る多年草で、ツクシは胞子を生じて繁殖し、スギナは養分を根茎に蓄える栄養担当係です。


「ツクシだれの子、すぎなの子」と童謡に歌われていますが親子ではありません。スギナの葉は退化して鱗上で、緑の部分は枝です。


採取時期と薬用部分:5~7月ごろスギナの地面に出ている部分をとり、水洗いして、日干しにします。生薬名はモンケイ。

 


薬効と用い方:利尿には、1日量3~10を、水300ccで3分の1の一量に煎じて服用します。解熱、セキ止めにも同様にして服用
します。 
ツクシ同様、スギナも料理に用いられていて、うす塩のたらの切り身とスギナを米のとぎ汁でさっと煮て、ゆずの薄切りを添えて汁ものにして食べます。

 

大阪市介護~Always~

HP:always1223.com
 

C5CFF095-AE4B-43FF-BC2B-15636AC7EE34
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ